伊豆ぶら 街歩き

ローカル観光情報満載!伊豆半島オススメスポットをぶらりと綴ります。

自給率高めのローカルライフ

この記事をシェアする

毎年10月には3週間、伊豆白浜の山間にある「ヴィラ白浜」に部屋を借りて、

 

“シーズン移住”

 

を楽しんでいます。


f:id:Tiger_Pipeline:20190526130711j:plain


部屋からサンライズを味わって、波チェックをしつつPCで仕事を進め、潮回りの良い時間は波に乗って、凪の時には釣りをして、また地元のご縁で商談したり…と、時間のメリハリをバランスとりつつ、楽しくローカルライフを満喫です。

伊豆での暮らしでは、極力食材は買わずに

“自然の恵みを頂く”

を目指しています。

釣りを中心とした自給率の高めの生活ですね♪



f:id:Tiger_Pipeline:20190526131215j:plain


ボートで沖に出れば、大物が掛かることもしばしばで、そうなると、向こう数日の食材は安泰です(笑

魚って、「新鮮=旨い」がどうも誤解されていて、


「釣りたての魚が一番旨いんでしょ!?」

という人が結構いるけど、これは間違いです。


「鮮度を保てるように下処理して、寝かせて熟成させた魚が旨い」

これが正解です♪

f:id:Tiger_Pipeline:20190526131949j:plain


だから釣れたその日は、刺身で食べずに、まだ身が硬いので歯ごたえ食感を楽しみながら、西洋風薄造りの「カルパッチョ」にして味付けをして食べると美味しく頂けます♪

 

f:id:Tiger_Pipeline:20190526132201j:plain

 

伊豆は魚種が豊富で、沖に出なくても岸辺りで


イロイロな魚が釣れてくれる


ので、食材に飽きることもありません♪

f:id:Tiger_Pipeline:20190526132359j:plain


魚が沢山釣れたら、ステイしているヴィラのオーナーにもおすそ分け。そうすると、畑や庭で採れた野菜やフルーツを頂いたりします。

物々交換ですね(笑

自然の恵みで、都会では味わえない生活の営みができるのも、シーズン移住の魅力です♪

f:id:Tiger_Pipeline:20190526132703j:plain


自給率高めの生活を目指すようになって、


「食材を大切にする」

という本来当たり前のことを意識するようになりました。


獲物の魚を、なるべく全ての部位を遣いきるように、内臓はゴミ箱に捨てずに、“カゴ”に入れて、桟橋に仕掛けておきます。

すると、ワタリガニが獲れたりします。そのワタリガニは、食べても美味しいし、活き餌としてそのまま掛けておくと、タコが掛かったりします。

本来捨てる部位の魚の内臓がカニに化けて、タコに化ける。



ワラシベ長者スタイルですな!(笑笑

 

f:id:Tiger_Pipeline:20190526133212j:plain


「食べる分だけ釣る」ということも大切で、冷蔵庫や保存食のストックをみながら、釣りに出かけることもしばしばです。

沖でボウズった(※魚が釣れないこと)時は、桟橋でカサゴを釣って回るリスクヘッジが出来ます。

桟橋の2本目の柱~3本目に巣がある、、という感じで、カサゴが釣れる場所を覚えておけば、安定的に自然の恵みが手に入る、というわけです。

そして、一度釣ると、その巣には次の住人が入るまでは無人ならぬ無魚になるので、だから自分はカサゴは“非常食”の位置づけで、食材が手に入らない時の調達手段としています。

 

f:id:Tiger_Pipeline:20190526134157j:plain

小一時間粘れば、これくらいの獲物はかき集められます♪

釣れた魚を美味しく頂くために、料理もイロイロとトライして覚えました!

f:id:Tiger_Pipeline:20190526134449j:plain


なかでもブイヤベースは、手っ取り早く意外と簡単に作れるご馳走です♪

f:id:Tiger_Pipeline:20190526134611j:plain


サフランを多めに使うのが味付けのポイント!


f:id:Tiger_Pipeline:20190526134826j:plain


スープは全部飲まずに残しておけば、翌日のランチが豪華なスープパスタを楽しめます♪

こうして記事を書いていたら、釣りがしたくなってきたっ!!(笑