伊豆ぶら 街歩き

ローカル伊豆観光情報満載!伊豆半島オススメスポットをぶらりと綴ります。

大自然の神秘にせまる感動クルーズ!堂ヶ島マリン

この記事をシェアする

伊豆での観光旅行で楽しみたいのは、何といっても「海」!ペットや子供とマリンアクティビティをしたいなら、クルージングや遊覧船で決まり‼︎海水浴が出来ないシーズンでも家族で海を体験できます。洞窟や地層など圧倒される地球の姿を眺めることができる西伊豆「堂ヶ島マリン」の魅力に迫ります!

東京都内から車で3時間、東京駅から熱海駅までは45分。日帰りでも行ける旅行先が伊豆。そんな場所で海を味わうには船が一番です。

定番人気の「堂ヶ島マリン」は、日常を忘れさせてくれる遊覧船とクルージング。コースによって違った印象があるので、1回だけではなく、2回、3回と訪れるリピーターも多いのだそうです。堂ヶ島マリンの見どころ、そして楽しみ方をまとめました。

「堂ヶ島マリン」とは何?リアス式海外での遊覧船・クルージング!

f:id:Tiger_Pipeline:20200216055652j:plain

http://izudougasima-yuransen.com/

堂ヶ島マリン」は、伊豆の堂ヶ島を巡ることができる遊覧船。堂ヶ島は伊豆半島の西側。リアス式海岸になっていて入り組んでいます。狭い湾に島が多く存在し、複雑になっていればいるほど美しいといされます。

リアス式海岸で有名なのは三重県の英虞湾(あごわん)、岩手県の三陸海岸ですが、都内23区内から近く、日帰り旅行でも行けるのが堂ヶ島。入り組んだ海岸には強い波が打ち付け、洞窟がたくさん。船で洞窟内に入り、“インスタ映え”できる景色が撮影できます。

 

都内とはまた違った景色が広がり、日本ではないような場所に思えたりも♪

堂ヶ島までのアクセスは自動車が楽ですが、都内からだと東京駅から三島駅まで乗車。そこから修善寺駅まで。そこからバスで堂ヶ島行に乗っていくのが行きやすいです。

堂ヶ島マリンの運行コースは「遊覧船コース」と「クルージングコース」合わせて全4つ!

f:id:Tiger_Pipeline:20200216055742j:plain

http://izudougasima-yuransen.com/route/

堂ヶ島マリンと言っても、運行コースによって時間やルートが違います。

大きく、

  • 遊覧船コース
  • クルーズコース

の2つがあります。

コースは、4つ。

  • 洞くつめぐり(20分・遊覧船コース)/加山雄三ミュージアム入場券とセット
  • 堂ヶ島クルーズ(25分・クルージングコース)……西側の田子島を巡るコース
  • 千貫門クルーズ(50分・クルージングコース)……雲見崎、波勝岬を巡るコース
  • ジオサイトクルーズ(50分・クルージングコース)……ジオサイトクルーズは、地球の地層を見ながらクルージングができるコース。伊豆半島の認定ジオガイドが同乗。

初心者は短時間の遊覧船コースから乗ってみて、次にクルージングコースといったように選ぶことができます。同じ堂ヶ島マリンでも、選ぶコースによって違った印象になりますよ!

堂ヶ島マリンで気をつけることは?運行中止・季節による時間帯!

f:id:Tiger_Pipeline:20200216060018j:plain

http://izudougasima-yuransen.com/

もし、伊豆観光旅行で「堂ヶ島マリン」に乗りたいのなら、朝の段階で堂ヶ島マリンのホームページをチェックしておきましょう。その理由は、運行状況で欠航することがあるからです。ちょうど、私が確認したタイミングも、遊覧船コース、クルージングコースのどちらも全て欠航。

リアス式海岸で普段から波が高い場所なので、堂ヶ島マリンは高波で欠航になることもあります。伊豆観光旅行で、堂ヶ島マリンを目的にしてきたのに欠航だと悲しいものです。

また、クルージングコースは、3月~11月、12月~2月、平日と土曜日、日曜日で時間が違います。遊覧船コースの洞くつめぐりは、10分から15分ごとに1本随時運行していますが、クルージングコースに乗りたいなら時間を見てから行きましょう。ジオサイトクルーズは、土曜日に1本のみしか運航していない貴重なコース。平日に行っても乗れないので注意してください。

「堂ヶ島マリン」を伊豆観光旅行で巡るメリット

f:id:Tiger_Pipeline:20200216055931j:plain

http://izudougasima-yuransen.com/cruiser/

伊豆観光をする時、堂ヶ島マリンに行くメリットがあります。

それが、小さい子供とも一緒にマリンアクティビティを楽しめること。小学生から子供料金ですが、それよりも小さい未就学の幼児も一緒に乗ることができます。それだけでなく、口コミではペットと一緒に遊覧船に乗って楽しんだ声も聞かれました。

マリンアクティビティを楽しみたくても、シュノーケリングだと1人で泳げないとムリ。ペットがいると、ペットを置いてマリンスポーツで遊ぶこともできません。しかし、堂ヶ島マリンなら小さい子供やペットと一緒に乗船して同じ時間を共有できます。最初は20分の遊覧船から乗ってみてはどうでしょうか。

f:id:Tiger_Pipeline:20200216060053j:plain

https://izusyaden.photos/campaign/index.php/

そして、同じ時間を共有した後は、フォトコンテストに投稿するのもおすすめ。過去に第1回から第4回まで開催され、3月から8月の期間で行うことが多いフォトコンテストでは、優秀な作品には商品もプレゼントしています。親子、家族全員で海の風を満喫できます。

まとめ

伊豆観光旅行をする時、小さい子供がいたり、ペット同伴だと「みんなでどこに行けるのかな?」と迷います。そんな時には、堂ヶ島マリンも観光地の候補に入れてみては!?

都内から一番近いリアス式海岸を眺めることができ、子供も地層に興味が沸いたりするかも。遊覧船、クルージングが楽しめてママやパパも仕事を忘れて気分転換できるはずですよ。