伊豆ぶら 街歩き

ローカル観光情報満載!伊豆半島オススメスポットをぶらりと綴ります。

ファミリーで楽しむ!「みなみの桜と菜の花まつり」

この記事をシェアする

f:id:Tiger_Pipeline:20200207010419j:plain

桜、菜の花の2つが楽しめることで人気の、南伊豆町で開催される「みなみの桜と菜の花まつり」。令和2年の開催はいつからいつまで?そして、南伊豆観光旅行で子供や赤ちゃんと一緒ならどうすればいいでしょうか?いくつかのプランを考えてみました!

 

伊豆は暖かな気候が人気。陽気のいい日には、きっとおでかけしたくなるはずです!

自然が残る南伊豆観光旅行では、桜や菜の花を愛でることができる「みなみの桜と菜の花まつり」が人気で、毎年、2月から3月に行われます。令和2年、2020年は、いつからいつまで行われるのでしょうか。期間中には菜の花結婚式やマラソン、ノルディックウォーキングなども行われるお祭り、気になるのは、赤ちゃんや小さい子供も行けるかどうかです。子供向けのイベントがないかどうかも調べてみました!

「みなみの桜と菜の花まつり」とは何?

f:id:Tiger_Pipeline:20200207010535j:plain

https://www.minami-izu.jp/?p=we-page-eventlist&eventlist=18736

「みなみの桜と菜の花まつり」は、例年2月から3月に行われるイベントです。2019年は2019年2月10日(日)~3月10日(日)に開催されましたが、令和2年、2020年はいつ行われるのでしょうか?

2020年も2019年と同じ2月10日~3月10日に開催され、現在、特別サイトを参考にできます(参考)。

2月になると、下賀茂温泉近くに流れる青野川の桜が咲き、その周辺の菜の花も咲きはじめます。桜の花のピンク色と菜の花の黄色のコントラストがとても綺麗で、そこに下賀茂温泉の白い湯気が重なり、「エモい」と高評価♪ピンク色と黄色、川の青色、菜の花の緑色を撮影すると、インスタ映えは必須です!

のどかな自然の風景を撮影して、日常を忘れてデトックスもできる場所が伊豆にあると評判なんですよ♪

「みなみの桜と菜の花まつり」では見どころもたくさん!何日に行くべき?

1ヶ月の期間行われる「第22回みなみの桜と菜の花まつり」。観光をする時に、日帰りなら当日晴れている日かどうかはもちろんですが、「いつ行くか」も重要。

  • 2020年2月10日(月)オープニング神事……菜の花畑で行われる神事。桜まつりが1ヶ月うまくいくように願うために行われます。
        • 2020年2月22日(土)第4回みちくさ夜桜マラソンin南伊豆……銀の湯会館スタート、ゴールのマラソンです。夜から行われます。3つあり、5kmと10km、20kmのランニングコースがあります。

f:id:Tiger_Pipeline:20200207010708j:plain

http://michikusa-ultra.com/pdf/2020_YOZAKURA.pdf

      • 2020年2月23日(日)ノルディックウォーキング体験会……スキーのストックのようなポールを持って歩くニュースポーツとして話題のノルディックウォーキングを楽しめます。コースは12kmで初心者大歓迎。ポールレンタル料や保険料込みです。参加費3000円。休暇村、南伊豆弓ヶ浜駐車場集合です。

      • 2020年2月23日(日)、3月1日(日)伊勢海老みそ汁デー……下賀茂商店街の「ミロー」駐車場、1回あたり200食で11時~、13時~の2回開催。地元産のイセエビが入ったみそ汁を味わえます。

このほか、夜桜ライトアップ、ガラガラポン抽選会、2月12日から3月10日にお花見人力車があります。

伊豆観光旅行で子供と一緒ならどんなプランにする?!

f:id:Tiger_Pipeline:20200207010839j:plainhttps://mitte-x-img.istsw.jp/minamiizu-kankou/photo/large/SNS%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB(%E6%A1%9C).jpg?rns=0.33106162299353037

 

観光旅行の際には、同行者によってもスケジュールを決めたいもの。「みなみと桜と菜の花まつり」で、子供や小さい赤ちゃんと一緒に旅行するなら、どういったプランがいいでしょうか。

 

プラン①→オープニング神事の2月10日。人が多く集まり、地元の人もたくさん。ただし月曜日なので観光旅行客よりも伊豆が地元の人向け⁉︎

 

プラン②→伊勢海老みそ汁デーの2月23日、3月1日のどちらか。子供によっては、桜、菜の花などのお花に興味がないこともあるので、みそ汁の無料ふるまいで暖まることで楽しい思い出になりそう!

 

プラン③→期間中、混雑を避けてお花見人力車「乗り心地体験コース1人500円に」。1艇2人乗ることができる人力車、パパと子供で体験してもらっても楽しそう。2月12日から3月10日まで期間中、9時30分~14時30分で営業しています。九条橋コースは1人2000円、銀の湯コースは1人1500円です。

 

プラン④→旅行中、宿泊予定ならライトアップも!銀の湯橋から九条橋にかけて、18時から21時に夜桜ライトアップを行います。伊豆で宿泊予定なら夜から桜と菜の花を楽しむのも素敵でしょうね。

 

期間中は、写真の「みなみの桜と菜の花まつりSNSフレーム」無料貸し出しも行っています。子供さんが混雑を嫌うならイベント予定日以外に行くことも検討してみましょう!

まとめ

伊豆観光旅行で、2月、3月に旅行するなら春を満喫できる「みなみの桜と菜の花まつり」がおすすめ。ピンク色や黄色、緑に青とインスタ映えしそうなスポットがあり、暖かい気候で赤ちゃんや子供も喜びそう♪

休憩場所や楽しめるイベントを狙って訪れてみましょう!

南伊豆を訪れる前に、同時期に開催されている東伊豆・河津の「河津桜まつり」を観て、南下してくる“桜づくし”も良いですね!「河津桜まつり」については、こちらの記事もご覧ください!!

www.izubura.com