伊豆ぶら 街歩き

ローカル観光情報満載!伊豆半島オススメスポットをぶらりと綴ります。

 ライトアップで幻想的に…心静かに散策する伊豆・修善寺の竹林の小径

この記事をシェアする

 伊豆・修善寺温泉街の中央を流れる桂川沿いの散策路、「竹林の小径」。竹林に囲まれ、自然石の石畳が美しい遊歩道はまるで伊豆の小京都のようです。ライトアップされると幻想的な雰囲気に。竹林の小径など桂川沿いを散策する楽しみをご紹介します。

 

 

f:id:Tiger_Pipeline:20200503130539j:plain

(出典:https://www.mapple.net/spot/22002340/

伊豆・修善寺温泉バス停から徒歩5分で、温泉街の中央を流れる桂川沿いに、竹林に囲まれた自然石の石畳が美しい散策路、「竹林の小径」があります。

 

左右に緑の竹林が続く美しい小径は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星を獲得し、外国人観光旅行客にも注目されているスポットです。

 

竹林を渡る爽やかな風を感じながら、散策していると、まるで京都を観光旅行しているような趣があります。

 

秋には周辺のイロハカエデが紅葉し、季節ごとに景色が楽しめるのも魅力です。また、日没後はライトアップされ、昼間とはまったく異なる幻想的な雰囲気に。

伊豆・修善寺温泉の竹林の小径を散策する楽しみをご紹介します。

 

竹製ベンチに腰かけて風の音を聴く

f:id:Tiger_Pipeline:20200503130644j:plain

(出典:https://www.mapple.net/spot/22002340/

竹林の小径は桂川沿いの桂橋から楓橋を挟み、滝下橋まで、整備された石畳が約300m続きます。

 

桂橋から楓橋までの散策路は竹林の中にあり、その中間地点に竹製の大きな円形ベンチが設置されています。しばらく散策の足を止めて、ベンチに腰掛け、空に向かって真っすぐ伸びる、凛とした青竹を見上げると、気持ちがスーッと落ち着きます。

 

風に揺れる笹の音が耳にやさしく、桂川のせせらぎの音も聴こえ、自然の懐に抱かれるような安らぎを感じるでしょう。多くの旅行客が足を止め、温泉街や観光スポットの喧騒を離れ、自然と対話するような時間を楽しんでいます。

 

日暮れ時は幻想的で幽玄な雰囲気に

f:id:Tiger_Pipeline:20200503130801j:plain


(出典:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2381

竹林の小径は日没後にライトアップされ、昼間とはまったく違った姿を見せます。60個のライトが竹林と足元をほのかに照らし、幽玄な雰囲気が漂い、幻想的な空間となります。

 

日没後の竹林の小径は、夜の修善寺散策の定番コースで、伊豆・修善寺の宿泊客をはじめ、観光旅行客が訪れます。竹製の円形ベンチは夜8時ごろ、切り絵アートが浮かび上がるようにスポットライトが照らされ、時間限定の演出として観光旅行客に人気です。

 

ライトアップは期間限定ではなく、通年で開催し、毎日夜11時まで散策できるので、季節ごとの風情の違いを感じることもできます。

 

 修善寺の四季を感じるギャラリーや茶処も

f:id:Tiger_Pipeline:20200503130922j:plain
(出典:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2381

 

竹林の散策路を歩き、楓橋を渡って奥まったところに、和風の建物が見えてきます。入館無料のギャラリー「しゅぜんじ回廊」で、館内には修善寺の四季の風景を撮った写真が展示されています。

 

四方の壁に作品が飾られ、ぐるりと回りながら鑑賞することから、「回廊」という名前が付いたそうです。観光に訪れた季節以外の修善寺の景色も楽しめるので、旅行客に喜ばれます。

 

雨の日の観光スポットとしても最適です。竹林の小径には他にも桂橋付近にある温泉宿に併設された茶処があり、川音と緑を楽しみながら、お茶や和スイーツでひと休みできます。

 

桂川沿いの「恋の橋めぐり」でお散歩

f:id:Tiger_Pipeline:20200503131130j:plain

(出典:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1432/

 

桂川は実は恋愛成就のパワースポットとされ、桂川に架る5つの赤い橋はそれぞれに恋の言い伝えがあり、別名があります。

 

渡月橋、虎渓橋、桂橋、楓橋、滝下橋はそれぞれ、みそめ橋、あこがれ橋、結ばれ橋、寄り添い橋、安らぎ橋となります。桂川の下流にあるみそめ橋から上流に向かい、順々に橋を渡っていくと、2人の出会いから惹かれ合い、結ばれて寄り添い、安らぎを得られるまで関係を育んでいけるようになっています。

 

また、5つの橋には橋の名前を記した橋紋(きょうもん)があり、橋の途中に御影石で作られた美しい橋紋が埋め込まれています。時間に余裕があれば、竹の小径から寄り道し、橋紋探しを楽しみながら、恋の橋めぐりで願かけをしてみてはいかがでしょう?

 

【伊豆・修善寺 竹林の小径】

住所 静岡県伊豆市修善寺 桂川沿い遊歩道(最寄の有料駐車場を利用)

料金 入場無料

営業時間 見学自由 無休

問い合わせ 0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

 

 

竹林の中を歩く散策路は京都をはじめ、各地で人気観光スポットになっており、伊豆・修善寺温泉の竹林の小径も多くの観光旅行客が訪れます。土日祝日や紅葉シーズンは特に人出が多いので、現地に宿泊し、空いている早朝や日没後に出かけるのもおすすめです。ライトアップも一緒に楽しめます。